借金返済の相談と借金の種類別の解決の仕方

借金返済の相談や解決の仕方、知りたいことを分かりやすくまとめています。
MENU

多重債務に陥る前に相談を

 

深刻化する多重債務者の増加問題に対処する為に、2006年12月に交付されました「新貸金業法」の背景には、多額の借金の末に自殺をする人の増加問題、また貸金業者等の厳しい取立てが、社会問題として取り沙汰されたことがあります。

 

そして「新貸金業法」の目玉になったのが、出資法の上限金利29.2%を20.0%にまで引き下げて、利息制限法との間にあったグレーゾーン金利の廃止でありました。

 

また、「新貸金業法」では個人信用情報機構の整備を行うことで、金融業者が借り手の総借入れ残高を把握できるシステムを構築されました。

 

これに伴い、総借入残高が年収の3分の1を超える貸付けを禁止する、総量規制も導入をされました。

 

 

この総量規制の導入により、金融業者による安易な貸付けも減少することになり、多重債務者の増加に歯止めが効いたといわれています。しかし、その反面では、キャッシングやカードローンが手軽になったことで、若者や主婦層といった新たな債務者を引き出すことにもなりました。

 

その結果、依然として多くの人が借金の返済に苦しんでおり、多重債務者は200万人以上に上るといわれています。

 

まず、多重債務者に陥ってしまうと、滞りなく借金を返済することも厳しくなってしまいます。しかし、借金を返済する為に借金をするような、自転車操業の状態に陥ってしまうと、取り返しのつかないことになります。従って、多重債務に陥ってしまった人は、借金の返済が滞らないように何らかの手段を講じる必要が有ります。

 

また、1人で悩み苦しむのではなく、早い段階から専門家に相談することも大切となります。

 

 

近年では、複数の借入れを1つに纏める「おまとめローン」を取り入れる金融業者も増えて来ています。安定した収入が見込めるのであれば、おまとめローンなど返済方法の変更も有効な手段といえます。

 

その他にも、借金を整理する方法として、債権者と直接話し合いをする「任意整理」から、裁判所に調停をお願いする「特定調停」や「個人再生」などがあります。その他にも、借金の返済に苦しむ人の最終手段と呼ばれる「自己破産」もありますが、自己破産に陥る前に早い段階から適切な対策を講じることが大切となります。

 

 

当サイトでは借金の相談や借金の種類別の解決の仕方について分かりやすく紹介しています。

このページの先頭へ